当店イチオシ! シャンプーの成分について |ヘア&リラクゼーションKoMaTsu

ヘア&リラクゼーションKoMaTsu
ヘア&リラクゼーションKoMaTsuケータイサイト
Contents 245
Today 93件
Yesterday 120件
Access 623,458件

login
powered by samidare
system:personal media
山形県長井市四ツ谷1-1-32
TEL&FAX 0238-84-3019
当店イチオシ! シャンプーの成分について 
シャンプーに含まれている成分について解説していきたいと思います。

今回はモモ葉エキスです。

この夏、福島産のももをいただきました。とてもみずみずしくおいしかったですよ!!

モモ、和名「桃」はバラ科のモモ属の落葉小高木で、花を咲かせ、夏には水分が多く甘い球形の果実を実らせます。

モモは、中国西北部の黄河上流地帯が原産で、日本には非常に古くから渡来しています。日本では、弥生時代以前に伝わったと言われ、平安時代〜鎌倉時代には、水菓子と呼ばれ珍重されていました。

7月〜8月に果実が実り、特徴的な果実は水分や糖分、カリウムなどを多く含みます。傷みやすい果実でもあり、賞味期間も短く、生食の他、ジュースやシロップ漬けにした缶詰などもよく食べられます。

果実は日本国内で、福島県、山梨県、長野県などで栽培、多く収穫されています。

主成分は果糖ですが、ビタミンEの含有が多く、黄桃にはカロチンが含まれています。モモのカリウムは塩分を排泄する役割があり、高血圧に効果があると言われています。

漢方では、種子は血行を改善する薬として婦人病などに用いられ、花のつぼみは利尿薬、便秘に使われます。

モモ葉エキスは、モモまたはモモの葉から抽出したもので、褐色の軟エキス〜緑褐色の透明な液体です。

新鮮なモモの葉を水洗いし、風呂に入れる入浴剤としての使い方は良く知られるところです。

また、モモ葉には、去痰(きょたん)、利尿(りにょう)、緩下(かんげ)、鎮静などの効果があり、葉は薬効のある果樹として、あせも・かぶれ・湿疹に対して消炎効果があります。口内炎の緩和と皮膚疾患の改善などにも使用されます。

皮膚活性・保湿・抗酸化・抗アレルギー・抗炎症の目的で配合し使用しています。


名前

件名

本文

画像ファイル

URL

編集用パスワード(半角英数字4文字)


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※投稿後すぐに反映されます。