地球に・人に・子孫にやさしいハーブカラーの取り扱い開始いたしました。|ヘア&リラクゼーションKoMaTsu

ヘア&リラクゼーションKoMaTsu
ヘア&リラクゼーションKoMaTsuケータイサイト
Contents 246
Today 148件
Yesterday 248件
Access 630,943件

login
powered by samidare
system:personal media
山形県長井市四ツ谷1-1-32
TEL&FAX 0238-84-3019
地球に・人に・子孫にやさしいハーブカラーの取り扱い開始いたしました。
白髪染めダークブラウン

天然素材の優しさに包まれてよみがえる髪の色

頭髪化粧品として許可された当店イチ押しのハーブカラー

すべての製品は100%植物原料で製造しており、ジアミン系染料・タール系染料・
シリコン剤・防腐剤など化学合成成分を一切使用しておりません。

ハーブカラーは、植物に含まれる色素がタンニン酸により毛髪のケラチンタンパク質に吸着し、
空気酸化することで起こります。

天然の油分や保湿成分が豊富に含まれていますので、
毛髪のツヤ、コシ、手触り感、サラサラ感が驚くほど良くなります。

内容成分
ヘナ
中東・北アフリカ、インドが原産地でアーユルヴェーダやユナニー医学では
咽喉炎のうがい薬として使用される。
アムラ
薬効成分が豊富な植物。特にビタミンCが多く含まれ白髪予防、髪の成長を
促す、髪を強くする効果がある。
リタ
頭痛を緩和すると言われ喘息や目の病などにも使用される。
また、洗髪に使用されている。
シカカイ
洗浄作用、フケ防止、コンディショニング効果、髪の成長を促す効果などがある。
インド藍
インドでは黒髪を濃くするために使ったり、中国では汗疹等の治療に使われ、
抗癌作用があるとされている。
アメリカタカサブロウ
毛髪促進やヘアカラーを暗くする効果がある。
フェニュグリーク
毛髪の育成を促進すると言われ、抜け毛予防に使われる。
べチベル根
インド原産のイネ科のハーブで神経系や呼吸器系疾患の薬になる。
インドではべチベルの精油はお香などにも配合されている。
ニーム
アーユルヴェーダ治療で頻繁に使われる薬木の一つ。
抗炎、抗菌作用及び解熱、血糖値降下作用が近年証明された。
名前

件名

本文

画像ファイル

URL

編集用パスワード(半角英数字4文字)


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※投稿後すぐに反映されます。